トップページ  /  ニュース   /  企業情報

「深甽川商」郭暁林:ファッションに溢れるリーダーの中華情

発表の日付 : 2015-01-31 17:35:00


《深圳川商•两岸交流》 卡酷尚创始人郭晓林:一位时尚少帅的中华情

郭暁林:ファッションに溢れるリーダーの中華情

郭暁林、深甽市四川商会常務副会長、深甽市商業連合会常務副会長、深甽市博商会副会長、深甽市綿陽商会執行会長、深甽沙井商会常務副会長、深甽獅子会第19区の主席である。彼は深甽の商業業界の有名人であると同時に、中国文化建設に取り組む優秀な企業家でもある。

台湾海峡の両岸の同胞は同じ根があり、血が繋がっている。「第一回の全国海峡両岸の企業家の交流活動」の開催に当たり、この活動の執行主任の郭暁林さんが彼の「中華情」を皆さんに伝える。

両岸一緒に文化交流を推進する

卡酷尚创始人郭晓林:一位时尚少帅的中华情《深圳川商》录入面版

数千年の中華歴史で、海峡両岸が強く繋がっている。また、同じの清明、端午、中秋節など伝統祝日があり、それで、われわれが同じ源、文化を持ち、深い民族情緒を持つことが十分に証明できる。「祝日の時、余計に親族に会いたい」中華子孫が中国の伝統祝日には、特別の感情を持っている。同時に似る祝い活動を行い、民族文化の認定と民族記憶を蘇らせ、強い民族感情を募らせる。

「海上では明るい月が昇り、天涯の皆は一緒に鑑賞する」、伝統祝日という絆があり、それは中国文化の伝承に重要な役割を果たしている。中華文化の根は内陸にあり、両岸の文化は共同の中華文化の母体に基いて繋がっている。中華文化は両岸同胞の共同の精神の港と共同の感情の絆である。

“ 私の周りでは、台湾の企業家が多くて、われわれはよく一緒に活動に参加して交流を深め、お互いに学び合う。私自身も何回も台湾に行って、地元の企業家と友好交流をする。今回では、深甽四川商会、博商会、深甽台湾協会、東莞

台商協会が共同に開催する海峡両岸の企業家の交流活動を通じて、地元の企業家と台湾の企業家がお互いに交流して学び合い、協力して両岸文化の交流を促進し、中華伝統文化を高揚し、共同に中華民族の精神世界を築くことを望む。郭暁林は情熱を込めて「第一回の全国海峡両岸の企業家の交流活動」の意義を伝える。

郭暁林の考え方では、深くて広い中華文化を高揚することは中華企業家の責任である。企業家の社会責任と言えば、社会全体に積極的な影響を及ぼし、大衆にエネルギーを与える。文化は中華民族が世界に聳える根本であり、海峡両岸の精神の港でもある。優秀な中華文化は「正エネルギー」の主体として、世界に伝えるものである。


十年間の努力

郭暁林の経験では、よく中華民族の数年の「自然は強さがあり、それと同様に、君子にとってもその強さが大切である。」という民族文化を解釈する。郭暁林の事務室に入ると、目が至るところで、アリババの馬雲、baiduの李彦広、著名の経済作家の呉暁波などとの写真がたくさんある。テーブルでは、各種類の本、新聞、雑誌が置かれ、また本箱では、大量の本がきちんと置かれている。どんなに忙しくても、私も時間を出して勉強し、特によく皆の寝る時間を利用して勉強する.

長年間、郭暁林は「堅持すると成功し、学びし続けると上達できる」という名言を座右の銘とする。だから、彼は勉強し続けている。金型製造工場で、名月の給料は100元だけ、居住の証明書がないので、墓地で寝る時間もある。また、指導者の六回の説得で転職を決め、9年間で主管から、経理になる。そして、自分で創業する時、開発する美容棒は日本では、半年間で260万の神話を作り、KAKUSANが創業した5年、業界のリーダー位置を占める。だから、どんな段階でも、彼は中断なく努力し続けている。深夜まで勉強することは彼にとってよくあることである。

そういう強大の精神があるからこそ、綿陽の農村から出る郭暁林は深甽という特殊なところの人材、伝奇的な色彩のある企業家になる。「私はいつでも勉強状態で、情熱が溢れている」。19歳の彼は工場のことに詳しく、雇ってくれた後、私一人で、ほぼ全員の仕事ができるから、元の従業員が続々と解雇された。9年間の努力で、上司は完全に彼のことを信用して会社を彼に任せる。

KAKUSAN健康産業、珍稀奇文化産業、トウ二ラク電子商務、衆高城投資などのブランドがあっても、郭暁林も勉強の習慣を保っている。彼は清華大學の総裁班、清華芸術品投資と鑑賞の高級研修班に参加し、Ursuline BestCollege のMBAをもらった。今は、彼はMBAと国際法律という二つの博士の課程を勉強している。

収集習慣で中華文化を伝承する

企業のほか、郭暁林は書法、撮影、収集などの専門家でもある。彼は特殊な事務室があり、その中では、彼の作品また各種類の筆が並んでいる。収集のものが事務室の一角に置き、会社では、彼の撮影の作品がたくさんある。「私は十年以上書法を練習し、そのほか、撮影も好きで、それはもう20年ぐらいになる。」

 

《深圳川商•两岸交流》 卡酷尚创始人郭晓林:一位时尚少帅的中华情

彼は綿陽市当代芸術家協会の執行主席である。

郭暁林は収集について、自分の独特の見方がある。その収蔵品は独特の文化意義を持ち、民族の知恵と文化の蓄積の象徴である。そして、当時の風習、礼儀、経済などの各方面の情報が体現でき、つまり、歴史を完璧に再現して中華文化を伝承する。例えば、古代の椅子の変化は人間の座る姿の変化を象徴する。古人は跪き、遊牧民族の人は足を自然に流れて座るという習慣がある。唐時代では、西域から、伝わってくる胡床、また、婦人の暖房器具のあたりに座るものから変化する丸くて四足の椅子、そして、唐時代末期の柳の枝で編んだ椅子、北宋画家の作品の中での直背して圏手のない椅子も中華民族の最高の証明者である。

小さな収蔵品から、中華五千年の文化が見える。郭暁林はより多くの企業家と収集の愛好者に収集知識を了解させ、品性を磨き、鑑賞水準を高める責任感を持つ。だから、彼は中国企業家の収集協会を創立し、それで、中華五千年の文明を宣伝し、中華民族の収蔵の歴史伝統と文化を高揚して中華収集文化の発展を推進する。

文章は道理を含め、よい道理は人を上達させる

郭暁林は「能力があるなら、他人を助ける」という意識がある。彼は四川の綿陽市で出生し、子供の頃から、よく近所の人を助け、他人また社会に役に立てる人間になることを決める。学校では、幹部を担当し、学生会の事務に熱心し、クラスメートと先生に自分の力を捧げる。

卡酷尚创始人郭晓林:一位时尚少帅的中华情《深圳川商》录入面版

 

深甽に着いた最初の頃、給料は100元でも、春節の頃、彼は故郷でお金を出して四川劇を皆に見せる。そして、この習慣は今まで保ってきている。郭暁林の考え方では、川劇は祝日の歓楽を皆に伝えると同時に、民間芸術を展示し、中華文化を広める。

 今では、彼も熱心に文化の建設の公益事業を支持する。次の世代に関心を持ち、貧困地域の子供によりいい勉強環境を作るために、また中華文化をよりよく伝えるために、彼は、湖南新化県喬安希望小学校、河源紫金県桂山小学校、河源乳源県三元鎮泰小学校などの学校に寄付する。

慈善に対し、郭暁林は独特の考え方を持ち、善事をすることは多額のお金を使うだけわけではなく、重要なのは心のことである。例えば、一つの笑顔、一つの動作、小さな犠牲は他人を助けられるかもしれない。

郭暁林は文化の伝承に熱中し、地道な職業をしないと言われるが、彼は全然平気である。彼の観点では、社会責任を取ることは企業家の義務である。彼はスピーチの中では、企業家は財産の主要創造者になるだけではなく、道徳を堅持する指導者になるべきだと述べる。これは、中華伝統文化を高揚する体現である。

 彼の編集する「商業業界の理想国2」という作品もまもなく出版し、中国中小企業の創業の革新も世界に見せ、商業業界の文化に違う色彩を彩る。

Copyright © 2015.KAKUSAN All rights reserved.