トップページ  /  集団産業   /  文化産業

文化産業

深圳市珍稀奇文化産業投資有限会社はKAKUSANグループに属し、珍しさ、稀、特別な文化産業を経営の主体にしている総合型企業である。珍稀奇は中国の伝統的な芸術を復興させ、中国当代文化芸術の発展を促進し、中国企業家の文化芸術鑑賞レベルを向上させることを自分の責任になり、主に芸術品の貯蔵(珍稀奇文博館)、芸術品鑑賞研修(珍稀奇収蔵芸術研究院)、収蔵クラブ(企業家収蔵クラブ)、ウェブサイトの運営などを一体化にしていて、全国に広い影響力のある文化産業ブランドの運営である。
 

珍稀奇文博館

経典の芸術品を主体にして、「高級・国際・専門・規範」の宗旨に基づき、古今のことを述べ、凝集している。主に様々な骨董書画を収蔵し、展示し、定期的に当代名家の書画作品ショーを行う。展示品が青銅器、セラミックス、玉細工、書画、古書、無形文化遺産、ジュエリーなどの逸品を含み、多方位、多視角、多元化の方式で専門的、経典的な芸術品展示のプラットフォームを構築できることを求める。

同時に、珍稀奇文博会はまた「芸術を鑑賞し、価値を収蔵する」ことを主題にする芸術貯蔵品鑑定のプラットフォームを行い、企業者と収蔵愛好者が芸術品への了解と芸術投資収蔵の需要を満たす。

珍稀奇収蔵芸術研究院

珍稀奇収蔵芸術研究院は深圳市珍稀奇文化産業投資有限会社は法律に基づいて深圳市民政局に申請され、成立された民営の非企業機関である。憲法、法律、法規と国家政策を守り、社会道徳風習を守り、中国の伝統的な芸術を復興し、中国の当代文化芸術の発展を促進し、中国の企業家文化芸術鑑賞のレベルを向上させることを旨にして、芸術愛好者の周りの収蔵アドバイザーになることは、研究院の変わらない発展の道である。

参加者の芸術審美を向上させ、芸術品の収蔵知識を普及させ、文化の発展を推進させ、企業家、収蔵愛好者と当代文化芸術産業の快速的な融合を促進できるように、深圳市珍稀奇収蔵芸術研究院は法に基づいて様々な収蔵文化芸術の研究を展開し、収蔵芸術論壇を行い、かつ定期的に企業収蔵と芸術品投資の講義を行う。

企業家収蔵クラブ

企業家収蔵クラブは企業家を主なグループにして、骨董芸術品収蔵をめぐっている会員制高級クラブである。クラブ会員は交流でき、同時に様々に収蔵に関連している鑑定、オークション、展覧展示、販売、講座と討論会などの活動を行い、書画、セラミックス、玉細工、雑を含めている各時代の珍しい芸術品及び収蔵価値のある現代工芸品を収蔵する。

クラブの戦略合作パートナーは深圳獅子会、清華クラスメート会、博商クラスメート会、清芸汇中国芸術プラットフォーム、深圳市四川商会、深圳市綿陽商会、深圳市井商会などの数十社の協会組織を含めている。

同時に、文化機構、博物館、美術館、知名大学、芸術基金会、社会文化団体、ニュースメディア、収蔵家など、国際に各文化芸術組織とともに合作し、学術交流、講座、雅集を行う方式で、中国の収蔵家と互いに経験を交流し、学習し、中国の文化を世界に紹介し、世界文化を中国に進入させる。

 

企業家収蔵ネット

中国企業家収蔵ネット(www.71sc.cn)は珍稀奇文化傘下に運営しているネットプラットフォームで、同時に、中華企業家収蔵協会の公式ネットでもある。企業家収蔵ネットは企業家を主にしている広い収蔵愛好者に自由交流、討論、学習、分かち合いの専門的なネット収蔵サービスのプラットフォームを提供しようとする

Copyright © 2015.KAKUSAN All rights reserved.