トップページ  /  集団産業   /  電子商取引

電子商取引

【あなたに楽しく、あなたに快楽にさせる】

深圳市淘你楽電子商取引有限会社はKAKUSANグループの「KAKUSAN」ブランド製品のターミナル販売ルートセットに力に注ぎ、オンラインショッピングセンターとオフライン連鎖加盟店の経営管理を含む。同時に、美顔器具と痩顔ツールという二つの業界ウェブサイトをセットし、同業企業に電子商取引のプラットフォームを構築し、業界内の技術、情報、データなどの資源を整合して、企業にサービスを提供し、全業界の発展を推進する。

製品を供給する

淘你楽電子商取引の主な製品は下記のようで、即ち冷熱美顔器、電動マッサージ器、24k美容棒、スタットマッサージ棒、創意加湿器、マッサージ器、美顔器、美容棒、マッサージ棒、加湿器、マッサージ筆、痩顔棒、パフスポンジ器、ダイエット靴、試験装置、ゲルマニウム粒棒、ゲルマニウム粒棒、チタンゲルマニウムネックレス、チタンゲルマニウム飾り物、パソコン部品、スキンケア用品、痩顔ツール、痩身計器、シリカゲル製品、バニラエッセンスなどである。

 

【FB2Cニューモデル】

KAKUSANの代表取締役である郭暁林はFB2C(Factory+Business To Customer)の一番に新しいモデルを提出し、Business-to-Customerの英語は売り手と買い手の意味で、略称がB2Cで、その中に、中国語の略称が「商対客」である。「商対客」というのは、電子商取引のモデルで、つまり常に言われている商業販売で、直接的に消費者に向けて製品を販売し、サービスを提供する。この形式の電子商取引は一般的にネット販売業を主にして、主にインターネットを借りてオンライン販売のイベントを展開する。

 

KAKUSAは工場を利用して、自分で研究開発、生産、企業電子商取引及びネット営業から、直接的にお客様までの主な経営モデルまで、健康製品の全産業チェーンを整合し、FB2C(Factory+Business To Customer)の一番に新しいモデルを提出し、KAKUSAファッション王国を設立し、自我商標を申請し、ターミナルの消費者から源までのデザイン生産産業チェーンを貫かせ、全市場と高効率的にインタラクティブする。

 

国内において、KAKUSAは天猫、京東、聚美優品、淘宝、騰訊微店、一号店、アマゾン、蘇寧などのネットプラットフォームに駐在した。同時に、2014年から、KAKUSAは広州、深圳、成都などの一線都市のショッピングセンターにカウンターを設立し、次に全国の各大都市に拡張しようとする。

 

海外に、全世界のアマゾン、日本楽天などのネットプラットフォームにいずれも販売され、製品が日本、韓国、シンガポール、欧米などのところに販売し、その中に、美容棒が日本に半年間の販売量が260万以上になり、販売の神話になった。

 

電子科技

深圳市帝翼飛科技有限会社

【大衆の一つ目の空撮無人機を作る】

KAKUSA傘下に深圳市帝翼飛科技有限会社はマルチローター無人機で、ヘリコプター、玩具飛行機、飛行機模型部品などの製品専攻生産加工の会社で、完全的、科学的な品質管理体系を備えている。

帝翼飛は知能化無人機システムと可視化システムなどの高級技術の研究開発に力を入れ、合作パートナーに性能の最適化、コストパフォーマンスの高い無人機製品を提供することに力を入れいている。無人システム分野会社にもう複数の無人機デザイン特許と複数の飛行制御システムと搭載設備を備えているシステムソフトウェア著作権を持っている。製品は空撮、工業監督、高効率の農業、貨物物流などの分野に応用される。同時に、取引先に無人機のオーダーサービスを提供し、商業の需要を満たす。
 

淘你楽販売

KAKUSAグループの「KAKUSA」美容器具ブランド製品は市場の調査研究、製品のデザイン、研究開発、生産、市場プロモーション、販売とアフターサービスなどの七つのステップを経た。もっとよく製品が出荷からユーザー購入までのプロセスを実現できるように、販売ネットという外部資源を借りて商品の販売サービスを完成し、かつこのプロセスを販売し、管理する。

 

 

Copyright © 2015.KAKUSAN All rights reserved.